Home / iソフトベット / シンプルゲームにジャックポット搭載の人気機種!Diamond Wild(ダイヤモンド・ワイルド)

シンプルゲームにジャックポット搭載の人気機種!Diamond Wild(ダイヤモンド・ワイルド)

Diamond Wild(ダイヤモンド・ワイルド)

Diamond Wild(ダイヤモンド・ワイルド)の基本情報

Diamond Wild(ダイヤモンド・ワイルド)2

シンプル イズ ベストのお手本のような人気スロットDIAMOND Wild(ダイアモンド・ワイルド)。クラッシックタイプのスロットにプログレッシブジャックポットが搭載されたこのスロットはiソフトベット社のオリジナルスロットです。退屈なクラッシックスロットと侮るなかれ、意外に息の長い人気のあるゲームです。シンプルなので逆に飽きのこない良さがうけています。初心者からスロット歴の長い人まで多くの人に愛されています。

名前 DIAMOND Wild
ジャンル ビデオスロット
ジャックポット
ベット(最少/最大) 0.01/20
ライン数 3×5リール/15ペイライン
自動プレー
ダブル・ギャンブル なし
ターボ・高速スピン なし
ソフトウェア Iソフトベット

Diamond Wild(ダイヤモンド・ワイルド)3iソフトベットのゲームはNet Bet カジノで主にプレーできます。
クラッシックタイプのゲームは少なくなってきたもののプレーしやすくだれもが簡単にゲームできることから、コンスタントに人気があり、このダイアモンドワイルドもその人気ゲームのひとつです。

ルールとプレー方法

ダイヤモンド・ワイルド-ルールとプレー方法

DIAMOND Wildは最大20ラインのスロットで、皆さんおなじみのクラッシックなスロット柄が魅力です。ジャックポットはベットを最高額にしているときのみ有効となります。オートスピン機能が搭載されているので、自動でスロットをまわすことができます。

ペイラインとシンボル

ペイラインは最小1、最大で20ラインです。

ダイヤモンド・ワイルド-ペイラインとシンボル

シンボルはベル、Bar, チェリー、ラッキー7、ドルマークなど昭和的懐かしさを感じさせるオーソドックスなシンボルたちに安心感を覚える人も多いはず。このゲームの目玉のシンボルダイヤモンドの配当はベッド額により配当数も変化します。このゲームにはフリーゲームも搭載されています。ダイヤモンドワイルドシンボルとフリーゲームシンボルはそれぞれフリーゲームとワイルドフューチャーがあらわれるチャンスシンボルです。

ダイヤモンド・ワイルド-ペイラインとシンボル2

ライン上にFree Gameシンボルが3つ以上あらわれると、無料ゲームが8回獲得します。(8回という中途半端な数字もなんだか昭和的ですね)
さらにこの無料ゲームでは賞金が2倍になるボーナスもついてくるので、地味においしいボーナスです。だだし通常だと賞金が増えるダイヤモンドワイルドのコンビネーションはこのゲーム中は無効です。

ダイヤモンド・ワイルド-ペイラインとシンボル3

無料ゲームは粛々とスピンがまわっていきます。特別な演出はなく、アニメーションもありません。
このシンプルさがこのゲームの魅力です。画面もみやすく、どの柄が揃ったかも一目瞭然です。

ダイヤモンド・ワイルド-ペイラインとシンボル4

フリーゲームが始まるとリールが黄色に点灯して、フリーゲーム開始を知らせます。フリーゲーム中はジャックポットを獲得できませんが、ダイアモンド以外のすべての賞金が2倍になります。

ダイヤモンド・ワイルド-ペイラインとシンボル5

ダイアモンドシンボルはスキャッターとしても機能し、3つ以上ラインのどこかにあらわれると配当が獲得できます。そしてダイアモンドが5つ以上ライン上のどこかにあらわれるとジャックポット獲得となります!!ちなみにダイアモンドとBARが一緒になったシンボルはスキャッターとしてはカウントしないので、ご注意ください。

攻略法

無料ゲームでは8回のゲームゲットと賞金2倍となるので、賞金を増やすチャンスです。ジャックポットを狙いつつ、ボーナスゲームでこつこつと賞金を貯めていくのが吉。割にコイン持ちもよく、ゲームも飽きのこないシンプルさなのがよいところです。ひたすら回せるオートスピン機能を利用して、ジャックポットを狙っていきましょう。

まとめ「Diamond Wild」ダイヤモンド・ワイルドスロット

シンプルなゲームで、クラッシックスロットのよさが生かされたゲームに集中できるスロットです。純粋にスロットを楽しめる醍醐味があります。とにかくジャックポットを狙いたい人、スロットに集中したい人にはもってこいのスロットです。ジャックポットをひたすら狙いたい人はどんどん自動的にスピンが回るオートスピン機能を有効利用するといいでしょう。